ダイエット豆知識♪その2

 

 

こんにちは!

前回の続き、食品別のGI値をご紹介したいと思います☆

 

GI値は低ければ低いほどインシュリンの

分泌を抑えることができますので

高GIの食品をできるだけ避ければよい、ということになります。

 

その要注意食品として

白米、精白パン、じゃがいも、コーンフレークなどが挙げられます。

やっぱりほとんどが炭水化物ですね!

 

逆に低GI値として挙げられるのが

ほとんどの果物・野菜、豆類、全粒穀物など。

これらを中心に食事をすることで急な血糖値の上昇を抑え、

インシュリンの分泌を最低限にすることができます(^◇^)

 

ここで驚いたのが、炭水化物だからと避けがちな

スパゲッティが高GIに含まれていないということなんです( ゚Д゚)

ランチを注文するときは、パン食べ放題ではなく

パスタセットなんかを注文されるといいですね(*^^)v

 

それから玄米や五穀米などが嫌いでない方は

白米に混ぜるだけでも効果的にGI値を減らすことができます☆

 

ちょっとした工夫の積み重ねが

ダイエットを確実に成功させる為の秘訣だといえますね!

本格的にダイエットを始めたい方や、

健康のため、美容のため自分磨きをしたい方など

ぜひGI値を意識して食事をしてみてください(/・ω・)/

 

 

 

0

コメントは受け付けていません。